ローンカードというものがありますが、VISA等のクレジット系カードといったものはどのように違っているのでしょう。所有しているJCB等のクレジット系カードでもカードキャッシングできるシステムが付いています。いきなり現金というのが要する場合にはたっぷりと助かってたりします。ローン系カードというようなものを発行しておくことでどのようなことが変わるのかということを教えてほしいのです。そうしましたら疑問点に回答していきます。とにかくキャッシングカードであったりローンカードなどといったいろいろな名称があるのですが、どれも借り入れ専門のカードでありVISA等のクレジット系カードといったようなものとは違っていることです。JCB等のクレジット系カードにも借り入れ機能が付いているものがあったりするためそう必要は無いかのように思ったりしますが金利や上限といったものがクレジットカードというようなものとは明確に違っています。クレジットカードの場合では借入の利用限度額が低い水準になっているといったものが普通なのですが、ローンカードの場合ですと高くなっている場合といったようなものがあったりします。さらに利率というものが低めに設定してあるというところも利点となっています。クレジット系カードの場合だとカードローン利率というのが高額の場合が通常なのですが、ローン系カードですとけっこう低い金利に設定してあったりするのです。もっとも総量規制のようなもので誰しもが申しこみ可能であるわけじゃありません。年間収入の30%しか申しこみできないことになっているのでそれだけの収入というようなものがなければなりません。そんな年間所得の方が借り入れなどを必要とするかどうかはわかりませんが、ビザ等のクレジット系カードの場合このような限度は支度されていません。要するにローン系カードというようなものは低金利で、高額な借金というものが可能なものだったりします。キャッシングについての活用頻度が高い方はマスター等のクレジット系カードの他に作成した方が良いカードという事になるはずです。

Copyright © 2002 www.silver-jo.com All Rights Reserved.